絵馬の調査

3月10日

肥後熊本藩主 細川宣紀候(1676-1732)から奉納していただいた

ご自筆の「白鶏雌雄図」

この絵馬が文化財にならないものだろうかと

活動をしてくださっている方々が絵馬の調査に来てくださいました。

このままでは、絵馬が痛んでいくばかりですので色々調べて

良い具合に保存していけたらと思います。

絵馬調査

この他にも、沢山の絵馬が奉納されているのですが

古くなって何が描かれているのかわからない絵馬が数枚あります

下の絵馬は「天下泰平の象徴」である「諌鼓鶏(かんこどり)」が描かれているのでは

ないかというお話でした。

かんこどり絵馬

他の絵馬は、「夫婦岩と富士山ではないだろうか?というお話も出てきて

色々と想像が膨らんだ一時となり、また大変勉強になりました。

皆様、本当にありがとうございました。

Copyright© 2018 新開大神宮 All rights reserved.
新開大神宮 メニュー