『「戦後史証言アーカイブス」2014年度「知の巨人たち・戦後史への証言」第7回 三島由紀夫』感想

神風連と三島由紀夫

神風連。
歴史好きの旅行者や三島由紀夫ファンの訪れる新開大神宮。

時間があれば声をかけるし、授与所のインターホンで呼ばれる事もしばしば。
すると彼らからの質問は大まかに二つ。
一つは、シンプルに「神風連について」もう一つは「うけひ」ってどういうものだったんですか、、、と切り出される。

ここでは『神風連』にしぼって申し上げたい。
教科書的には幕末明治維新期に各地で勃発した不平士族の反乱と十ぱ一絡げに扱われているが、その辺の捉え方が一味違う三島ファン。質問に答えて行くと、担に不平士族の反乱では片ずかない何かを感じ取っていらっしゃるようだ。

ところが質問される側の私自身、過去の文献に学び、先達にもご教示いただいてきた事ながら、今ひとつ輪郭のはっきりしない深淵なテーマであって、新開大神 宮21代目を仰せつかっている身の上ながら、自信を持って「かくかくしかじか、、、」と答えきれない日々を長く過ごしてきた。

と言うのも、亡き父からもハッキリした答は聞いたことがないし伝授されてもいない。
ただ、辛うじて父が残してくれた言葉は『心』

曰く・・・「国家や郷土、家族など広い範囲を包含しているように思えるから、、、、」

当時、わかったようなそうでないような、、ピントはボケたまま輪郭すら見えてこない。
それもそのはず、神風連の基礎となっているところは父の言葉通りざっくりと『心』
思想信条とも言えるのであろうが、それよりもっと深いところに彼らの目指していたものはありそうだ、、、

五里霧中、暗中模索から抜けきれないテーマ。
その霧が晴れかかり、朧げながら輪郭を浮かび上がらせる切っ掛けとなったのが小林秀雄の「本居宣長」、ついで郷土史家荒木精之の「初霜の記」、そして三島由紀夫の「豊饒の海「奔馬」」。
特に小林秀雄との出会いは大きく、著作『本居宣長』で語られている語り部 稗田阿礼の話し言葉を、心に思い描きながら文字に起こした太安万侶の古事記。
宣長の時代には読む事すら困難であった文献。この難解極まりない古事記を自身のライフワークとして、『想い描く』をキーワードに凡そ35年の歳月をかけられて編まれた「古事記伝」そこに描かれている神代から幽玄そして人間社会へと移り変わる世界観。
彼はそれを翻訳とは言わず、敢えて自身の創作であるとされ、古事記への畏怖畏敬、稗田阿礼、太安万侶への謙虚さすら伺える。

この出会いにより、私の中にあった妄想に包まれた神話が溶解をはじめ、それまでとは違う古事記が鮮やかに、眩い光を放ちながら自分の中に溶け込み始めた。

ちょうどその頃、本来ならば我々下々が口にすることさえ憚れる「皇位継承」が時の政権の議題にあがり保守系、左派系入り乱れて論戦が繰り広げられ、玉石混淆甚だしき様相を呈していた。

その時真っ当な「保守」が主張した論理は実にシンプルであった。

「男系男子の皇位継承こそが皇室伝統であり、日本が歩んできた日本(の歴史)そのものである」

このとき盛んに『日本らしさ』という言葉も耳にした。
この話題、長くなるので詳細は割愛させてもらうが、この「日本らしさ」という言葉に内包されてる奥深きもの。具体的に「これ」と指し示すことは難しいが「今日海外の人々が口を揃えて日本を称える「クールジャパン」という総称にもあたると思える。

私自身が、小林秀雄・三島由紀夫両巨匠から得たきっかけから見えてきた朧気な「輪郭」
神風連が守りたかったもの = 日本らしさ
そうざっくりと確信した。

それからというもの、細かい分析的な事柄より三島由紀夫やアイバン・モリス(ハリウッド映画「ラストサムライ」)を引き合いに武士道や時代背景、地域性などを交え、日本らしさを守りたかった神風連を話すようになった。

さてこの度放映された『「戦後史証言アーカイブス」2014年度「知の巨人たち・戦後史への証言」第7回 三島由紀夫』(1月24日土曜31日土曜)はご覧になられただろうか?
純粋に三島由紀夫自身にスポットをあて、三島に関わりのあった人物からのインタビューと史跡が紹介され、かなりの完成度で放送されていた。
私は神風連を語る際、常々「三島先生は誰よりも神風連を一番良く理解されている、、のではなく『感じとられている』と思っている」と結ぶ。
この思いは「日本らしさ」の大切さを、時代こそ違えど明治9年の神風連の変、昭和45年の市ヶ谷における自刃にはにおいて死守しようとした私心なき両者共通の純粋すぎるほど純粋な憂国への発露である確信している。

日本から日本人から「日本らしさ」がなくなる、、、
著名なイギリスの歴史学者 アーノルド・J・トインビーは「歴史や伝統などをなくした民族は例外なく滅んでいる」と強調されている。
日本人にとっても歴史・伝統・文化こそ「日本らしさ」を象徴する命そのものである。

三島由起夫がこだわり続けた「日本の歴史、伝統、文化を守る」が強調された編集には、感動と云うよりそれ以上のものを感じ、身震いが止まらない25日日曜の未明をすごした。

過去の投稿
http://isemiyasan.jp/blog/?p=1482
http://isemiyasan.jp/blog/?p=1519

熊本の神社、新開大神宮はおはらいと神風連で有名な、隠れたパワースポットです
カテゴリー: 日本, 未分類, 神風連 | タグ: , , | コメントする

放映日のお知らせ  2014年度「知の巨人たち・戦後史への証言」

昨年12月4日にNHKアーカイブスの取材があった「戦後史証言アーカイブス」2014年度「知の巨人たち・戦後史への証言

昨日(1月22日)取材班のディレクターから電話があり、第7回 三島由紀夫の放映日のお知らせと番組中新開大神宮の映像と共に私のインタビュー映像もほんの少し放映しますと連絡があった。

◎ 放映 (Eテレ)は 1月24日 土曜 午後11時から翌0時30分

再放送(Eテレ)が 1月31日 土曜 午前0時00分から午前1時30分

詳細は下記URL
http://www.nhk.or.jp/postwar/program/schedule/

神風連そして神風連に誘われて訪れた三島由紀夫。
新開大神宮、そして宮司のインタビューもが少しだけ紹介されます。どうぞ、ご覧下さい

http://isemiyasan.jp/blog/?p=1482

熊本の神社、新開大神宮はおはらいと神風連で有名な、隠れたパワースポットです

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

『締め切りました』 ** お正月の幸娘『巫女さん』募集!! **

下記リンクにてご案内しておりました平成27年お正月にご奉仕頂ける巫女さん募集「お正月の幸娘『巫女さん』募集!!」につきまして、お陰さまで定員に達しましたので、平成26年12月13日土曜、募集を締め切らせて頂きました。

http://isemiyasan.jp/blog/?p=1270
 
熊本の神社、新開大神宮はおはらいと神風連で有名な、隠れたパワースポットで
カテゴリー: 未分類 | コメントする

方除け御幣

当地では、三月荒神信仰があり事始め、建築、引越しなどでお尋ねやお祓いをされる方々が多くいらっしゃます。

中には、お祓いまでは、、、とお思いの方々も少なくない様に感じております。
そういう人にオススメできないかと、この度奉製いたしました。

新年からご社頭にて頒布始めます。

IMG_2519.JPG

熊本の神社、新開大神宮はおはらいと神風連で有名な、隠れたパワースポットです
カテゴリー: 未分類 | コメントする

取材あり。NHKアーカイブス

平成二十七年。
来年は人に喩えると戦後が古稀を迎える七十年の節目。

NHKの大型シリーズ『戦後史証言アーカイブス』の「知の巨匠たち・戦後史への証言」で来年一月、あの『三島由紀夫』が取り上げられ、その一環として三島先生の『豊穣の海「奔馬」』に登場する「神風連史話」の舞台となったゆかりの地、新開大神宮でNHKの取材が昨日(平成26年12月4日(木))ありました。
これは「奔馬」上梓にあたり亡き父が三島先生に神風連を話していたことによる物ですが、昨日取材前のディレクターとの会話の中で、私が幼少の頃拝見し朧気ながら覚えている三島先生の後ろ姿話していたら、インタビューに応じてくれないかと云う申し出で、急遽私までインタビューを受けることとなりました。

まぁ、使われるどうかは定かではありませんし、何せカメラを前にしたら中々平常心では答えられませんし、、、小心者ですね^^

で、話はどんな内容かと云いますと

【 小学校低学年だった私が学校から帰ると、母の

お客さまがいらっしゃっているからご挨拶

という言葉に促されお座敷の敷居越しに挨拶すると、
白の上下、見るからに筋肉質の男性が、少し振り返り

「お邪魔しております」

姿勢を正され、床の間を背にした父の話に聞き入っておられた姿がとても印象に残っている。
あたりを見ると十二畳の我が家の座敷の三方にずらりと掛け軸が掛けてあった。

実は私がそれがすべて神風連関係の掛け軸だったことを理解したのは、ずっと後のことだった。

その数年後、TVニュースで流れていた市ヶ谷の一件。
亡き両親は三島さん、、、、、と沈痛な面持ちで見入っていた。
小学校高学年に達していた私にも、何がおきたのかは理解でき、ただただTV画面を見つめるだけであった。】

熊本の神社、新開大神宮はおはらいと神風連で有名な、隠れたパワースポットです
カテゴリー: 未分類 | コメントする

お正月の幸娘『巫女さん』募集!!

平成27年お正月にご奉仕いただける

幸を授ける『巫女さん』募集のご案内です

応募資格 : 高校生以上大学生まで

1,奉仕内容 正月のお守り授与などご社頭における巫女さんとして
2,奉仕時間 平成26年12月31日水曜午後10時から平成27年1月1日木曜         午後5時まで(ただし途中仮眠4時間から5時間を設けます)

 高校生の応募について

 保護者の了承を得て、学校への届け出が必要
 アルバイトでは無いので「奉仕活動」として提出されること
 保護者及び学校の同意書を提出頂きます

詳しくはお電話にてお尋ね下さい。
電話 096−223−0132 (午前8時〜午後7時まで)
こちらからもお問い合わせいただけます

 

熊本の神社、新開大神宮はおはらいと神風連で有名な、隠れたパワースポットです
カテゴリー: 神事, 祭祀 | 1件のコメント

白羽神社 高山禰宜さま正式参拝

さる平成26年11月21日金曜、静岡県御前崎市鎮座の白羽神社高山国臣禰宜さまに正式参拝頂きました。

高山宮司さまは高校大学を通じての同期生で、卒業後しばらく途絶えておりました交流がFacebookを通して再会し、この度の正式参拝に繋がりました。

遠路遙々この片田舎までお越し頂きありがとうございました。


この後、座敷にてご休憩頂き博多でのプチ同窓会に向けて新幹線にて移動、十日恵比寿神社の野上宮司と懇親の良き一時を頂きました。

熊本の神社、新開大神宮はおはらいと神風連で有名な、隠れたパワースポットです
カテゴリー: 未分類 | コメントする

明日(10月15日)から御大祭です

台風禍の熊本、時々分厚い雲が日差しを遮る冷たい北寄りの風吹く一日、風雨で散らばった社叢の自然散髪の後片付けと、明日からの御大祭にそなえ細々とした準備に追われた一日を終えました。
明日は午後4時過ぎからから御夜祭(ごやさい=宵宮)、明後日16日(木)は午前10時から献幣使(けんぺいし)を迎え例祭が行われます。

ご紹介します動画は、一昨年前の神事の様子です。
今年も謹んでご奉仕申し上げます。

熊本の神社、新開大神宮はおはらいと神風連で有名な、隠れたパワースポットです
カテゴリー: 未分類 | コメントする

21年ぶりのお諏訪さま

平成5年に退職以来初めて、「じゃ踊り」や「コッコデショ」の「長崎くんち」で有名な長崎市の鎮西大社諏訪神社の敬神婦人会月例会に招かれました。

昭和57年から平成2、3年くらいまで担当させて頂いた敬神婦人会。
当然ながら今や会員各位の顔ぶれは新しく、世代交代を実感致しましたが、その中でも会長をはじめ4名(9月例会参加者中)は当時の方々で懐かしさも一入。
冒頭先ず以て当時の御礼を申し上げ、講話に入りました。

今の自分を形成している糧がこの時代にあり、つきることのない思い出話を中心に進め、無事に終えることが出来ました。

神社には年に一度はお参りさせて頂いている身。外観の変わりゆく様は眺めておりましたが、貴賓館や御殿内部の変わりようには感動と寂しさの両方を感じてしまいました。

熊本の神社、新開大神宮はおはらいと神風連で有名な、隠れたパワースポットです
カテゴリー: 未分類, 神事 | コメントする

暑中見舞い申し上げます。

猛暑続きの毎日です。
日中日向はとてもではないですが、長時間いることが困難なくらいジリジリと照りつける太陽。

さて、去る7月20日は暑くはあったものの昨今の猛暑ほどはないなか、午前10時からの夏越の大祓式。
神話に始まり今日まで続けられているこの神事、ご覧の通り無事に終えることが出来ました。

熊本の神社、新開大神宮はおはらいと神風連で有名な、隠れたパワースポットです
カテゴリー: 未分類 | コメントする

夏越の大祓式 7月20日午前10時から

7月もそろそろ中盤、梅雨明けが待ち望まれる熊本です。
先月末からの田植えも早々に終わり、穀倉地帯に鎮座しますわがお社の周辺は瑞々しい緑に包まれた穏やかな景色が広がっております。

そんな中、来る

7月20日 曜日 午前10時

夏越の大祓式(なごしのおおはらえしき)』を執り行います。

 古く神話を起源とし、平安時代に流行し以来日本全国各地の神社で行われるようになり現在に至っているこの神事。
一年のちょうど半分にあたるこの時期、一人一人をおはらいし、何もかもを一新し残りの半年を清々しく過ごしていこうと祈り続けられてきました。

おはらいでは「人形(ひとがた)」と呼ばれるあなた自身の身代わりになってくれる型代(かたしろ)を使い、内なる罪けがれ、外なる罪けがれを「人形(ひとがた)」に移し託します。
そして、最後には清き水の力を借りすべてを祓い清めてしまいます。

氏子の皆さまや、ご連絡先のわかる崇敬者の皆さまには事前にこの「人形(ひとがた)」を配布または郵送しておりますので、ご参列叶いません時には当日時間までに当大神宮にお届け下さい。

ご参列頂けます方々には、神事の中でお配りする「人形(ひとがた)」でおはらいできますので、お時間の許されます方には是非ご参列下さい。
神事の最後には全員で「茅の輪」をくぐり(写真参照)すべてをおさめます。

また、拝殿前にはお持ち帰り用の「茅」もご用意していります(写真参照)。

ivent_nagoshi_H26omote

夏越の大祓式 ご案内

ivent_nagoshi_H26ura

夏越の大祓式 茅の輪くぐり神事

熊本の神社、新開大神宮はおはらいと神風連で有名な、隠れたパワースポットです
カテゴリー: 未分類 | コメントする

今日の境内清掃

皆さん、こんばんは!
さて、つかの間の晴れ間も去り、明日から梅雨後半が本格化しそうな熊本。
僅かな晴の間隙を縫って、境内の清掃に励みます。

田舎ゆえに広すぎる境内。
昔ながらの掃除道具「高箒」は、ほどなくしてハンディータイプのエンジンブロアに代わり初めはRobin、次にSTIHLのハンディ、そして現在は最高出力の背負い式ブロアSTHIL Magnumが活躍、その作業効率の高さには驚きます。
もちろん今でも高箒は欠かせないアイテムですが、、、


春の楠落ち葉、初冬の榎に銀杏落ち葉真っ盛りには、毎日掃除に明け暮れていましたが、機械のお陰でその作業もピーク時でも二時間弱と短縮されています。

おもえば家内と二人、高箒片手に日がな一日境内掃除に勤しんでいたころが、懐かしく思い出されます。

熊本の神社、新開大神宮はおはらいと神風連で有名な、隠れたパワースポットです
カテゴリー: 未分類 | コメントする

岩津天満宮 宮司 服部憲明様 正式参拝

大学の大先輩で岩津天満宮さまの服部憲明宮司さま、ご公務にて本日ご来熊。
夕刻からの会議その他でお忙しい最中、遠路遙々この片田舎までお運びいただき、正式参拝なされました。

岩津さま、当大神宮の奇しき御神霊のご縁を賜り、本日二度目のご参拝を頂戴いたしました。
本当にありがとうございました。

熊本の神社、新開大神宮はおはらいと神風連で有名な、隠れたパワースポットです
カテゴリー: 未分類 | コメントする

あれから四年の歳月。

四年目を迎えた我が師の命日。

平成5年の御大祭「お下り」の騎乗にて

平成5年の御大祭「お下り」の騎乗にて

 

今年三月、偶然にもお孫さんから「あれから一年。追悼 上杉宮司」と題した当ブログにコメントを頂き、奇しきご縁を感ぜざるを得ず亡き我が師は自分に『何か』を仰られているように思えている。
しかし、
しかしである、、、「何か」が未だ解らないまま時間だけが過ぎている。
凡々人の自分には、その問いかけを探し続けることが今の命題といってもいいだろう。

いまだ墓前を拝していない我が身。
今年こそは霊前に手を合わせその答えが見つかることを乞い願いたい。

今日は水無月晦日の「夏越の大祓」。
日本各地のお社で神事が行われすべてが祓い清められ一新され、明日から真新しい半年が始まる。
亡き我が師の人生の幕引きは見事なり。

再拝

熊本の神社、新開大神宮はおはらいと神風連で有名な、隠れたパワースポットです
カテゴリー: 未分類 | コメントする

出来ることは自分でやる。

昨日から梅雨中休みの熊本。
スカッとした晴、、、とは行かないまでも陽射しもあり先ず先ずのお天気。
あたりでは農機具のエンジン音があちらこちらから聞こえ田植えたけなわの今日、今年二度目の境内防除作業を行いました。

この時期、桜、モミジ等にあの鮮やかなグリーンでとげとげの「へたむし」が湧いてきて葉を食い荒らします。
作業はもちろん、自前で行います(キッパリ^^)

暑かった、、、
臭かった、、、

こんな時もN95マスクは活躍。
ゴーグルは安い市販品をちょっと加工して使用。

自分たちでやれることは、自分でやります。
やれる内は   (笑)

熊本の神社、新開大神宮はおはらいと神風連で有名な、隠れたパワースポットです
カテゴリー: 未分類 | コメントする